多くの人が悩んでいる肩こりを効率的に治す対処方法の基礎的知識を学びましょう

サイトマップ

トップバナー

ツボで肩こり対策

現代、肩こりで悩んでいる人は多いはずです。そんな肩こりの効率的な対処方法をどのくらいご存知でしょうか? ここでは、多くの人を悩ませる肩こりの効率的な対処方法を ご紹介して参りたいと思います。まず、ツボは身体の多くの場所にあり、肩こりに効果があるツボ も多くあるので、肩こり対策としてツボの場所を知り、押してみると肩こり 解消に繋がります。例をあげると、肩の真ん中辺りにある肩井と呼ばれるツボや、後頭部の生 え際辺りにある風池と呼ばれるツボなどがあります。

また、肩こりの対処方法で、肩こりが解消されるとそれと同じく、頭 痛にも効果があるツボなのです。誰でも簡単に押せるツボの部分を挙げると、親指と人差し指の間 にある「合谷」があります。このツボは万能のツボと呼ばれるほどのツボで、特に肩こりや頭痛に効 率的です。次に人差し指と中指の間に「頚頂点」と呼ばれるツボもあり、 ここも知っておくと役立ちます。手のツボは押しやすく ちょっとした暇がある時に押せるツボですが、注意点としてはあまり強く押し過ぎないこと、長く押 し過ぎないことです。

肩をもむ
強く押しすぎない

この肩こりの対処法として、一か所を約5~6秒程度押していく方法があります。ただ注意 点として、ツボ押しは気持ちが良く無意識に強く押してしまう人が多いのですが、それは逆効果に なります。特に高齢者の方がツボ押しをする場合は軽めの圧で押すだけで十分です。気持ちよいからと強く押しすぎないよ うにすることも大事なのです。

毎日のケア
毎日行うことも大事

この様に注意点はありますが、肩こりの効率的な対処方法の基礎的知識として、ツボ押しは肩こり対策で、自分で出来る 簡単な方法です。もちろん人にも教えてあげると喜ばれるでしょう。そしてこれは毎日続けて行う事で効果が出てくるも のですので、毎日決まったタイミングで行うなど習慣にすることが大事なポイントになります。

その2お灸で肩こり対策

お灸で癒す

次の肩こりの対処法はお灸についです。お灸も肩こりに対して効果的です。 お灸は身体に数え切れないほどある中のあるツボを温め、刺激を与えることで、人間が本来持 っている自然治癒力を高めるという東洋医学の治療法です。昔から血流を良くできる ので、多くの人達がお灸を利用していますが、同時に肩こりにも効果があるのです。

お灸で血行が良くなり、肩こりが解消されていくのです。 では、お灸には元々どのような効果があるのかみてみましょう。お灸をす るとツボを通じて身体を温めます。これによって、血行不良が解消され、て老廃物が体外に出やすくなり、むくみを解消できたり、筋肉の痛みなども和ら げる効果もあります。また免疫力も効率的に向上させ、丈夫な身体になるようにしてくれる効果もあります。

もぐさは痕が残らないタイプの物にしてもらう

お灸はもぐさを燃やして行いますが、燃やした後にもぐさの痕が残る物と残らない物があるので、肩こりの対処法としてお灸を使い、痕を残したくないのであれば、痕が残らないタイプの物にしてもらう必要があります。特に女性は痕が残るのは嫌なので、事前に伝えておきましょう。

ポイント また、肩こりの原因が冷え性からのものであれば、お灸は非常に効率的な対処方法になるのも基礎的知識です。お灸は先の通り、身体を温め、血 行の流れを良くします。これにより、老廃物が効率的に体外にでやすくなり、気のめぐりも良くなっていくのも基礎 的知識です。これにより、冷え性からくる肩こりでお悩みの方には非常に効率的な対処方法となるのです。自分が冷え性だとは思っていない 人も一度この方法で試してみてはどうでしょうか。案外自分が隠れ冷え性だということもあるのです。自分で自覚している場合はまだ良いですが、自覚がなくて 冷え性の人は気づいていないのでタチが悪いと言えます。


その3ストレッチで肩こり対策

ストレッチをする女性

「毎日ストレッチする」、ということも肩こりの対処法になります。肩こり の原因である血行不良は筋肉が固まることで起こるので、ストレッチで固まった筋肉が解されていき、血 行不良が改善され、結果的に肩こりを解消してくれるのです。

ただ、基礎的知識として、肩こりの効率的な対処方法になるとはいえ、ストレッチを面倒で継続できなくなると、それまで ストレッチで解された筋肉が再度、凝り固まり、血行不良を引き起こし、肩こりがまたでてきてしまう、ということを理解しておきまし ょう。ですので、簡単にすぐ出来る肩こりに効率的なストレッチを毎日行う事が重要になってきます。 ですので、ストレッチでいくら効果があっても継続できないような内容では意味がないのです。毎日続けられるストレッチをしっかり つづけることが重要になるのです。

首を前後左右にゆっくり倒して首筋を伸ばす

簡単で、肩こりに効率的な解消法のストレッチの例として、首を前後左右にゆっくり倒して首筋を伸ばす方法があ ります。静かに首を倒し、手を頭に乗せ、自然な重みを加える事が可能になりま す。また他にも肩をグルグル回すのも誰でも簡単にできる方法です。また、肩を上に上げ、力を抜いてすとんと落と すと言う方法も簡単で肩こりに効果的な対処法です。

ポイント こういった簡単で肩こりに効率的なストレッチは家事の合間、仕事の合間、通勤途中など、どこでも直ぐにできるので、継続しやすいのが利点ですただ、ストレッチはすぐに肩こりがよくなる、というわけではないので 、やめてしまう方も多いですが、継続することでに効果がでますので、諦めず、毎日少しでもストレッチをしましょう。 継続は力なり、ということわざのとおり、毎日かかさずにストレッチを続けていくことが肩こり解消につながって いくのです。すぐに効果が出るわけではないので、続けるのはきついかもしれませんが、継続すれば必ず結果がで ますよ。継続しやすいように日常正確を修正していくと楽になります。風呂の前や風呂の後、などと決めてやるとパターン化しやすく なります。


http://osaka-mens-datsumo.com/
https//www.hotel-bed.net/
https://shounani.co.jp/


その4枕で肩こり対策

枕で対策

次の肩こりの対処法は枕に関してです。実は、誰も が毎日使う「枕」が意外にも肩こりの原因になっていることもあります。頭の形や大きさに自分の枕がしっかり フィットしていないと、首や肩に大きな負担がかかってしまいます。このケースでは、首や肩の筋肉が緊 張して結果的に肩こりの原因になっています。

今、使っている枕で朝起きた時に首の辺りが痛かったり、首の辺りがだるいと感じなら、枕があなたに合っていない可能性が大きいので、肩こりの効率的な対処法として、自分にピッタリあった枕に変える必要があります。

自分の身体と感覚がしっかり合う枕を選ぶ

肩こり解消法として枕を変えるなら、まず枕選びからはじめます。枕 は見て選択するのでなく、実際に試して選ばなければなりません。自分 の身体と感覚がしっかり合う枕を選ぶことが重要です。また、枕を選ぶ際のもう一つのポイントは 「高さ」です。寝た際に首の高さと枕の高さがしっかり合っていな い場合、首周りの筋肉に負担がかかることになってしまうのです。

ポイント また、枕を使った肩こりの対処法として、寝返りのことも考慮に入れる必要がありますす 。寝返りで体勢が横になると、頭も横になります。この時もやはり 枕の高さがしっかり合っていなければ、肩こりの原因となってしまうのです。なので、横向きで寝ても高さが合う枕を選ぶ必要があるのです。 どれが自分に合うか分からない場合には枕専門店に行き、店員さんとしっかり相談して選んでいきましょう。自分だけで試してみて、単に「心地よいから」と枕を選んでも、実は 肩に負担をかける場合がありますので、自分だけで決めないようにしましょう。肩こりの人はできるだけ専門員がいる店にいって時間を かけてしっかり選びましょう。安すぎるお店などは経済的にはよいですが、やや心配がありますので、枕は多少高いものを 基準にすると良いです。快適な睡眠のためであれば、多少のお金は惜しくありませんよね。無意識の部分であるだけで、睡眠は人間の生活の 1/3を占める重要な部分なのです。そう考えると、一番生活で大切な部分を言わざるをえませんよね。最近は自分専用のオーダーメイド枕も あるので、肩こりを和らげてくれるピッタリの枕をつくるのもよいです。


http://k-datsumo.com
https://datsumou-menz.com/


その5薬を使った肩こり対策

薬で肩こり治療

次の肩こりの対処法は薬です。今の社会で生活する日 本人の多くが肩こりに悩んでいます。肩こりにしっかり対応をしないと慢性化してしまい、治りにくくなります。ですので、肩こりを慢性化させないように対処していく必要があるのです。

そこで「薬」を使った肩こりの対処法として、なずは湿布剤を使った方法です。湿布は大きく分けると「温感タイプ」と「冷感タイプ」とがあります。どち らのタイプでも肩こりに対する効果は同じで、お好みのタイプを購入して使えばよいです。また医薬品扱いなので薬剤師がいないと購入できない湿布は、鎮痛効果の成分が配合されている「フ ェルビナク」「イントメタシン」などがあります。肩こりが特 にひどく、いち早く対処したい人にオススメの薬です。こ れらの薬はシート状のものや痛い部分に直接塗りこむクリームタイプ、ローションタイプ等、 様々ありますので、ご自身が使いやすい物を選ぶとよいです。

内服薬や錠剤、ドリンク剤で解消

また最近では、肩こりの解消法で外から塗ったり、貼って改善させる以外にも、身体の内側から肩こりを解消できる方法で、内服薬や錠剤、ドリンク剤などもあります。広くは知られていないですが、これらも今後、肩こりの対処法として、広がると考えられています。

ポイント 外からの薬を使った対処法はあくまでも痛みを和らげる効果 が目的ですが、身体の中から肩こり治す薬は、肩こりの原因から治すのが目的です。薬を服用するのなら自分の症状を薬剤師によく話 した上で、薬を処方してもらいましょう。薬なので副作用の心配があり、 自分の症状にもっとも合ったものを処方してもらわないといけないからです。また処方してもらった薬についても どんな副作用があるのかを医師に聞いておくようにしましょう。副作用のない薬、というのはありません。 漢方は副作用がないといわれていますが、実は漢方でも副作用はります。ほとんどないから、一般的に 「ない」と言われているだけです。副作用がないと勘違いしていたら、医者から処方された 際に実は副作用があると聞かされ驚く人も多くいます。

その6注射による肩こり対策

注射で肩こり治療

さて、最後の肩こりの効率的な対処方法は「注射」に関してです。これまで説明した通り、肩こりの原因を探り、その原因を解消することが大切です。ですが、原因が仕事など日常的な事柄の場合、根本の解決は難しいといえるのも事実です。だからと言って放置すると肩こりは悪くなるばかりで、当然、痛みもひどくなってしまうのです。

肩こりの対処法として一般的なものは、先にご紹介した、マッサージ、湿布、薬などがありますが、それでも肩こりがきついというのなら注射でも肩こりを治療もできます。注射といってもいくつか種類があり、ホルモン注射、ステロイド注射、神経ブロック注射など肩こりのひどさよって使い分けられます。

神経ブロック注射

注射を使った肩こりの対処法で特に強力なのが神経ブロック注射です。肩こりの痛みがひどすぎて、どうしようもなくなった時に、痛みが強い箇所に直接局所麻酔をして肩こりの痛みを麻痺させてしまう方法です。これは効率的ではありますが、一回だけでは、麻酔が切れた後、肩こりの痛みがぶり返すので、ある程度何回か注射を続けることで、痛み自体が軽減されていきます。

ポイント 先の通り、神経ブロック注射は肩こりの痛みが耐え切れないほどに達した場合に効率的な肩こりの対処法ですが、そこまで肩こりの痛みが強くないケースでは、鍼と同じ様な感 じで注射針を痛みの箇所に刺し、その刺激により痛みを和らげるというトリガーポイントと言う 注射方法による対処法もあります。単なる鍼と同様でななく、注射 をした際に少量ですが、麻酔も同時に注入されるので、肩こりの痛みに即効 性を期待できます。ただ、こ れらの方法はすぐに行うのではなく、様々な治療や対処方法をしても効果が無か った場合の最後の手段として考えたほうがよいです。また、こっている部分に直接注射をして、 ドロドロになった血液を取り除く、というのも応急処置的に役立つ肩こりに対する対策法でもあります。 ここまでご説明した肩こりの効率的な対処法が少しでもお役に立てれば幸いです。