低年齢化している肩こりにどのような理由があるのか知りましょう

サイトマップ

トップバナー

肩こりと年齢

肩こりは日本人の国民病と言える

「肩こり」と聞いて浮かぶイメージは、年配の人がため息をつきながら辛そうに叩いてる姿が浮かんだりしませんか。最近、肩こりも低年齢化が進んでいるようで、20代の若者も肩こりに悩まされていると聞きました。中には小学生のお子さんが肩こりに悩んでいるという話もあります。つまり、肩こりは日本人の国民病と言えるくらいまでになっているのです。

そもそも、どうして肩こりが低年齢化したかといいますと、やはりパソコンやゲームが原因と考えるのが自然でしょう。小さいお子さんに肩こりなんて話がなかった時代、パソコンやゲームは普及していませんでした。野原を駆け回っていた子供達は、家の中で過ごすことが増えていっています。ゲームだけでなく、スマートフォンや塾、勉強などが日常の子供達は、自然と肩や首を酷使して過ごしているのです。そんな状況なら、肩こりが起こっても不思議ではないでしょう。

たかが肩こり、されど肩こり

その肩こり、皆さんはどういう風に対応しているのでしょうか。肩こりは放置していればすぐに治るというものでもありません。改善するような生活習慣に変えるのなら話は別になりますが、同じように方に負担がかかる生活を続けているのでしたら難しいです。何かしらの対策を必要とし、意識と共に改善していくことが大切です。肩こりを甘く見ていると、仕事ができないくらい悪化する場合もあります。肩が痛いという症状だけでなく、ただ机に座っているだけなのに悪寒を感じてしまうといったこともあるのです。そこまでいったのでしたら、かなり悪化してると言えます。仕事どころではなくなっているでしょう。たかが肩こり、されど肩こりなのです。

特に高齢になりますと、肩こりが他の個所の凝りを引き起こします。そうなりますと、日常生活に支障をきたすことになるのです。肩こりというものは、世代・年齢・性別関係なく、どんな人もかかってしまう可能性があるのです。周りを見てみると、肩こりで悩んでいる方は、想像以上にいると思います。お互いに対策方法や注意点の情報交換ができると、光がみえてくるかもしれませんね。

肩こりが酷くなった場合

ポイント

肩こりが酷くなると、どうなるでしょうか?重症となった肩こりがどんなものか、体験した人も多くいますよね。肩こりに対して何もしないで放置すると、最初に影響してくるのは首です。肩と同じで、首も凝り始めます。さらに進行すると頭痛が起きます。それと同時に、腰にも影響がでます。

肩周りの筋肉の緊張が続くと、範囲が広がっていき、首、頭、腰と広がっていくのです。その緊張は更なる進行をし、神経を圧迫してきます。神経が圧迫されることにより、手足の痺れという症状が出始めます。ここまで来ても対処せずにいましたら、首の部分のヘルニアである頸椎椎間板ヘルニアという病気を招いてしまいます。首という部位には、身体全体の神経が集まっているところです。

頸椎椎間板ヘルニアまで行くと大重症
辛い肩こり

そんな大切な部分がヘルニアになってしまったら、神経や脊髄を圧迫する事になってしまいます。そうなりますと、痺れだけではすみません。様々な症状を引き起こしてしまうでしょう。頸椎椎間板ヘルニアまで行きますと、大重症です。絶対安静となり、動くことはかなりの制限がかかってしまうでしょう。

ここまで重症化するほど放置するのは稀でしょうけれど、全くあり得ない 話ではありません。肩こりが引き起こす最悪の結末というの を、皆さんは知っておいてください。そこまでならないよう、早めに対策をして治療する 努力が大切なのです。たかが肩こり、されど肩こり。始めは小さな肩こりかもしれませ んが、身体を蝕む病気になる可能性があるということを頭に入れておきましょう。 このことを念頭にして、あまりひどい肩こりの場合はマッサージなどでなく、 病院で診てもらうことことも重要です。

肩こりの効率的な対処方法の基礎的知識