筋肉を解す動きで凝りを解消できることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ストレッチ

肩こりも早期治療が望ましい

肩こりに悩まされている人はたくさんいます。 放っておくと、慢性的な頭痛や倦怠感に発展してしまいます。 その辛さは半端ないものでしょう。 それに、そこまで悪化して硬くなった筋肉は、簡単には解れてくれません。 つまり、肩こりも他の病気と同様、早期治療が望ましいのです。

たった3分でできる簡単なストレッチ

今回は誰にでもできる、簡単なストレッチを紹介したいと思います。 毎日、たった3分です。 続けることで、肩が楽になってくれますよ。 まずは肩の筋肉を解すところから始めましょう。 無意識ですが、肩や首は毎日酷使しています。 それによって、筋肉疲労が起き、肩こりへと繋がります。 そこで、筋肉を解してあげることが最初にするべきこととなります。

筋肉の解し方は、最初に両手で服の肩部分をかるくつまみます。 右手は右肩、左は左肩を親指と人差し指でつまんでください。 その状態のまま、腕を大きく回してください。 前に1分と、後ろに1分回すだけで十分です。 これを毎日続けていくと、1ヶ月後には肩こりが楽になったと実感できると思います。 毎日合計2分のエクササイズで、簡単に肩こりの解消になりますが、継続しないと意味が ないので、毎日決まった時間に行い、習慣にするようにしましょう。

四十肩にもオススメ

ポイント

年齢を重ねると、どうしても色々なところが衰えます。 筋肉も同じで、肩コリから頭痛、倦怠感などを引き起こしてします。 そうなる前に、早めに対応しておきたいものですね。 これは、少し疲れたかと感じた時にも使える首のストレッチです。 両手を上げたら、それぞれ反対側の肘を持ち、そのまま背伸びをします。 たったこれだけでも、筋肉を解す効果があります。 次に、この動きをしながら首を曲げたり回したりをします。 そうすると肩と首の筋肉がほぐれていきます。

マッサージの注意点
肩をマッサージ

絶対してはいけないのは、首前面のマッサージです。 首の動脈は、そのまま頭に直結しています。 もし、首の血管が動脈硬化を起こしていたら、マッサージをすることで塊を脳内へ運んでしまうことになるのです。 それは、脳梗塞を起こす原因となるので危険な行為なのです。 年齢を重ねたら、どうしても動脈硬化は進んでしまうので注意しましょう。 他の部分に関しては大丈夫です。 周囲の筋肉が解れると、自然と血流がよくなります。肩こりが楽になりますので、是非試してみてくださいね。 ただ一気に血流がよくなると一時的に頭痛が起こることもあるので、その点は注意しましょう。

肩こりの効率的な対処方法の基礎的知識