肩こりが起こるメカニズムを知り対策をしていきましょう

サイトマップ

トップバナー

肩こりの原因と対策

運動不足や不規則な生活習慣は原因のひとつ

現在肩こりに悩まされてる方、過去に肩こりで困った方がいると思います。 肩こりに悩んでいらっしゃる方は、その原因を知っているのでしょうか。 なぜ肩こりになったのかがわかれば、対処方法も分かりそうですね。 その肩こりの原因は、様々なものがあり、運動不足や不規則な生活習慣は原因のひとつとされています。 現代社会ではこれに当てはまる人が多いのではないでしょうか。

筋肉疲労も肩こりの原因の一つです。 最近になって、この筋肉疲労は肩こりの原因でもっとも多いのではないかと注視されています。 現代社会で、パソコンは当たり前のものです。 会社だけでなく、自宅でも1人1台のパソコンを持つ時代です。 つまり、会社でも自宅でもパソコンに向かっているという人が多いのです。

肩こりの原因がどれなのかをしっかりと把握

パソコンは魔法の箱と言われるほど、便利で様々なことができます。 座っているだけで、多くの機能を発揮してくれます。 つまり、ずっと座っていなければならないのです。 同じ姿勢で作業をするということは、あまり動きがないということになります。 特定の筋肉だけを動かし続けているということに繋がります。 その特定の筋肉に、筋肉疲労が起こるわけです。

パソコンは、上半身しか使いません。 これが特定の筋肉に疲労を招き、肩こりに繋がります。 特定の筋肉の中に、眼も含まれています。 眼精疲労いえば眼だけというイメージになりそうですが、眼を酷使するということは頭から首も多く使っているということになります。 これは肩周りにも影響してしまい、血行不良を招き、最終的に肩こりに繋がるのです。 目の悪い方、コンタクトレンズやメガネを使用している方も目が疲れやすい体質になっています。 どうしても集中的に画面をみてしまうからです。 このようにして、肩周りの筋肉が集中的に使われて行き、そして筋肉疲労を引き起こしてしまうのです。 こういったように、様々な原因があります。 自分の肩こりの原因がどれなのかをしっかりと把握して、原因に合わせた対策方法を考えていきましょう。 やみくもに対策をしても、原因でないものにあたってしまってはいつまでたっても治りません。 しっかりと自分の原因を探ることに集中しましょう。

慢性化する前に対策

ポイント

何が一番、肩こりの解消方法になると思いますか。 答えは「安静にすること」だそうです。 けれど、あまり現実的な方法とはいえませんね。 生きるため、生活するためには、ずっと安静にしているわけにはいきません。 仕事をしないとお金がありませんし、家事をしないと生活できません。 これらのことは、常に体を動かしていると思います。 人間が生きていく上で、体を動かさない日はほとんどありません。

肩こりをしないようにと、腕や肩を使わないというわけにはいきませんし、目も首も日々動かしています。 つまり、生きているだけでこれらの部分は酷使されているというわけです。 このことから、肩こりは日常的な病と言えますし、誰にでも起こりうるものだと言えます。 だからといって仕方がないと放置しているわけにはいきません。 肩こりが慢性化してしまうと、首の痛みや頭痛といった弊害も起きてしまいます。 そうなると、生活どころではありません。

酷くなる前に治しておくことをお勧め
血行も関係

肩こりは日常的に起きるかもしれませんが、大事なのは慢性化させないことです。 酷くなる前に治しておくことをお勧めします。 肩こりはの原因を一言で言いますと、血行不良です。 よく肩がこっているからといって、肩をもんだり叩いたりしている人がいます。 これはありがちな間違い、勘違いでして、根本的な解決にはなりません。 肩が血行不良ということは、その周辺も血行不良ということになります。 背中、首、腕、頭は肩に近い部分でして、肩同様に血行不良になっている場合がほとんどです。

もし肩こりを解したかったら、肩だけではなく、肩周辺も意識してマッサージしていきましょう。 もしかしたら、肩こりが原因ではなく、首が凝っているから肩まで凝ってしまっているのかもしれません。 まずは肩こりの原因となる所を探し出しましょう。 そして、そこを中心に凝りをほぐしていけば、スムーズに血行が良くなると思います。 これらのことは、すぐに結果が出るわけではありません。 目に見えての解消はなかなかないでしょうが、肩こりの慢性化を防ぐためには続けていくことが大事です。 気長にマッサージなどのケアに努めましょう。すぐに良くならなくても、ケアを続けることで解消でき るものなのです。うまくいかない人は必ずと言っていいほど、途中で挫折しているのです。 それだけ継続することが大事だという事がわかりますよね。

肩こりの効率的な対処方法の基礎的知識