頭痛や生活習慣に影響する肩こりを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

肩こりと頭痛や生活習慣の関連性

緊張型頭痛

片頭痛の原因が実は肩こりだったという話はよくあります。 頭痛が原因の肩こりもありますし、反対に肩こりが原因の頭痛もあります。 「肩こり」と「頭痛」は、切っても切り離せない蜜な関係なのです。 肩こりで悩んでるという方が、同じく頭痛にも悩まされているというパターンはとても多いですが、 肩こりから来る頭痛を、「緊張型頭痛」といいます。

この緊張型頭痛は、肩こりが解消されれば頭痛もなくなるのです。 緊張型頭痛の大きな特徴は、まず最初に肩こりの症状が現れます。 その後に、徐々に頭痛が現れていくといった形で発展していくことが多いです。 どうしてかといいますと、肩こりによって肩の筋肉が緊張してしまうのが原因です。 肩の筋肉の緊張が頭の方にまで伝わると、頭痛が引き起こされてしまうといったメカニズムになります。

痛みというのは体のSOS

肩こりからくる緊張型頭痛は、後頭部の辺りが痛くなると言った痛み方をするのが特徴です。 他には、後頭部から首にかけての痛みだったり、頭が締めつけられる様な痛み方をします。 片頭痛とは明らかに違った痛み方でして、吐き気といった症状はありません。 この肩こりから来る頭痛は、様々な痛みを引き起こすこともあります。 たとえば眼精疲労だったり、めまいも起きやすくなります。

痛みというのは体のSOSです。 肩こり、頭痛、眼精疲労、めまいといった症状が長く続いていきますと、人間の体はだんだんとおかしくなります。 慢性的な体のだるさが続き、それによって他の不調を引き起こしてしまいます。 肩こりひとつから、普通の生活ができない体になってしまうのです。 慢性化する前に、緊張してしまった筋肉をほぐしてあげて下さい。 もちろん、十分な休息も大切です。 これらのことを、継続的に続けてあげれば、もし頭痛や他の症状が起こっていたとしても、徐々に改善されていくと思います。

生活習慣

ポイント

肩こりの原因が分りさえすれば、その対策や適切な処置が可能になります。 これを機に、自分の肩こりについて考えてゆきませんか。 まずは、日々の生活習慣や生活態度の見直しです。 肩こりは主に、生活習慣の不具合によって引き起こされます。 あなたの生活習慣をや生活環境を少し変えたり改善するだけで、激的な変化があるかもしれませんよ。

肩こりの原因と言われる3大要素を紹介しましょう。 ひとつ目が「姿勢の悪さ」、ふたつ目が「運動不足」、そして最後に三つ目が「ストレス」です。 あなたの生活を振り返って、思い当たることはありませんか? もし思い当たる節があるのでしたら、是非解決していきましょう。 そうしないと、肩こりは悪化の一途をたどるばかりです。

運動不足は筋力の低下を招く
運動も大事

私達の生活を振り返ったのを期に、少し考えてみましょう。家事をしていく中で、昔に比べると随分便利で楽になったと感じませんか。進化した家電用品が、私達の運動不足に拍車をかけているのです。便利さの裏側に潜んでいる弊害ですね。もちろん、便利なのは悪いことではありません。私達が便利さに甘んじているのではないかと考えるべきなのです。運動不足は筋力の低下を招きます。筋力が低下しますと、血行が悪くなりがちです。そして肩こりに繋がります。

それを解消するのはどうしたら良いでしょうか。まずは、日々の生活に動きを取り入れてみるのはどうでし ょうか。車ばかり使っている人は、近所なら歩いてみるなどしてみるのも良いでしょう。少し遠いのなら 、自転車を使うといった手もあります。仕事でずっと座りっぱなしの人は、エレベーターを使わずに階 段を使うというはどうでしょうか。遠くのトイレに行くなど、小さな積み重ねですね。また、休日 の過ごし方も見直してみてはいかがでしょうか。まったりのんびり、お菓子を食べながらゴロゴロ するというのを止めてみましょう。無理に体を動かすのは長続きしないのであれば、 とりあえず外に出るというところから初めてみるのもひとつの方法です。公園をあるくとか、ブ ラブラとウィンドウショッピングもいいですね。少しずつ、趣味を見つけていくのも楽しそうです。 こんな感じで、生活習慣を見直してみましょう。生活の中で、できるだけ体を動かして筋肉を 解すように心がけます。それは、肩こり解消に繋がっていくことだと思います。肩を動かさない運動で治るのかと 思われるかもしれませが、実はそんな運動でも肩こり対策に十分役立つのです。

肩こりの効率的な対処方法の基礎的知識