眼精疲労や体型によって肩こりになることも知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

眼精疲労や体型と肩こり

疲れ目が肩こりを引き起こす

長時間、目を使う作業をする方は眼精疲労に悩まされているのではありませんか? 細かい手作業をしている方、目視確認などの仕事をしてる方、パソコンを使っての仕事の方と様々です。 目を酷使すると、どうしても眼精疲労になります。 この眼精疲労は、肩こりの原因となる病気です。 なのでら、放置しておくとあっという間に肩こりに悩まされます。 眼精疲労をお持ちの方は、肩こり対策より先に、眼精疲労対策をした方がよいです。 眼精疲労とは、端的にいうと”疲れ目”です。 ですが、単なる疲れ目に留まらないこともしばしばです。

先ほど述べました通り、疲れ目が肩こりを引き起こしてしまいます。 それだけではなく、肩こりから頭痛へ、頭痛から吐き気やめまいへ、吐き気やめまいから倦怠感へと連なって行きます。 その眼精疲労は、目を酷使することで起こります。 目を酷使することにより、目はもちろんのこと、同じ姿勢での作業で行う場合が多いので首や肩への筋肉疲労がたまって行きます。 それに伴い、作業環境によっては、ドライアイやテクノストレスをも引き起こします。 もちろん、精神的ストレスも感じることでしょう。 眼精疲労はストレスが大変な悪影響を及ぼしているといえます。

適切な処置をして肩こりを予防

肩こり対策のための眼精疲労対応はどのようなものがあるのでしょうか。 目を使わなければ良いと思われがちですが、そうではありません。 確かに、ゆっくり眠るなどして眼を休めることは良いことです。 眼精”疲労”というくらいですから、休めることで回復しそうなイメージです。 ですが、それは根本的な改善になりません。 まずは、病院に行くことをお勧めします。 もしかしたら、ドライアイや緑内障、白内障などの病気が見つかるかもしれません。

仮に病気でなかったとしても、細胞の新陳代謝を助けるビタミン製の点眼で症状が改善する場合もあります。 他には、メガネやコンタクトが自分に合っているかを調べましょう。 パソコンや細かい作業をする時は、証明の明るさに注意します。 窓からの光が画面に反射しないように調整しましょう。 最近ではパソコン用のメガネも売られていますね。 大事なのは長時間、続けての作業は避けることです。 1時間ごとに5~10分程度の休憩をはさみましょう。 集中しているとまばたきも忘れがちですが、意識してまばたきをしてください。 あとは血行の促進のため、目の周辺を温めた濡れタオルなどを当ててあげましょう。 眼精疲労による疲労病は肩こりの原因のひとつです。 是非、適切な処置をして肩こりを予防してゆきましょう。

体型と肩こり

ポイント

体型によって、肩こりが起こりやすい人、起こりにくい人がいるのをご存じですか。 同じ姿勢をしていても、肩こりになる人とならない人がいます。 体型によって差がでるのでしたら、どんなに対策をしていても同じことですよね。 つまり、体型対策が必要になってくると言えます。 では、どんな体型が肩こりになりやすいのでしょうか。

まず最初は、「なで肩」です。 なで肩というのは、肩が外側に傾斜している、つまり下がっている肩をいいます。 女性に多くみられる体型です。 なで肩は肩が下がっているために、腕を支える力が余計に肩へとかかっていきます。 腕を上げるという動作ひとつとっても、普通の肩の人よりも緊張してあげる形になってしまうのです。 そうなると、余計な筋力を使うことになり、肩こりを引き起こしやすくなります。

猫背は筋肉疲労を招きやすい体型
猫背

次に「猫背」です。 猫背といのは、猫の背中のように人間の背中が丸く内側へ反っている体型でして、頭が前に出ている状態になります。 身体が正しい位置にいないため、頭の重さが首や肩に少しずつ負担となってしまいます。 それが肩こりを引き起こすことになるのです。 常に筋肉が緊張している状態になるので、筋肉疲労を招きやすい体型です。 困ったことに、解消が困難だと思われます。

次は「肥満の方」です。 人間の腕の重さは、重の約1/8くらいです。 体重が重くなれば、もちろん腕も太くなり重さも増えます。 そうなりますと、肩への負担が大きくなってしまうことになります。 脂肪が増加するパターンの体重増加ですと、筋肉量は変わりませんので、体への負担は増える一方です。 そういう場合は、更に肩こりが起きやすくなります。 けれど、肥満の方だけでなく、痩せすぎている人も肩こりになりやすいので注意してください。 痩せすぎの方は、筋肉量が少ないことが多いです。 つまり、腕を支える筋肉が少ないので、その分負担になるのです。 頭の重さは、たいして個人差がありません。 痩せている方は、支える力が少ないために、筋肉疲労を起こしがちになります。 そうなると、肩こりを起こしやすくなるのです。 体型改善が肩こり対策と繋がってゆきます。 これを機に、自分の体型を振り返ってみるのもいいですね。普段気にしているようで実は気付いていない体 型の落とし穴に気づくかもしれませんよ。鏡などで普段見ない自分の体をみてみることも健康管理の一つなのです。 鏡でみることで痩せたいと思う気持ちが高まり、それだけでダイエット効果がでることも証明されています。

肩こりの効率的な対処方法の基礎的知識