肩こりだけでなく、体質改善にもつながるヨガを学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

ヨガや睡眠で対策

肩こりにピッタリの解消方法

皆さんは「ヨガ」をやったことはありますか。 様々な効果のあるヨガですが、肩こりの解消法にも一役かいます。 「ヨガ」を知らない方のために説明します。 ヨガは、呼吸法と共に身体の曲げ伸ばしやポーズをとるなどのストレッチを行います。 それによって、身体の筋肉の奥深くまで効果が得られます。 激しい運度のように、筋肉に大きな負担をかけません。 優しく緊張が解れて、血行促進に繋がっていきます。

肩こりにピッタリの解消方法といえますね。 普通の運動や体操と違って、ヨガの最大の特徴は呼吸です。 ヨガの深い呼吸法は、呼吸をとても意識して行っています。 長くゆっくりとした呼吸は、身体の余分な力を取り除きます。 つまり、筋肉がリラックスさせることができ、同時に心までリラックスされていきます。 心身ともにリラックスできますと、自律神経を整えることにも繋がるので効果絶大です。

体質改善にも繋がる

ヨガは身体が柔らかくないとできないと思う方もいると思います。 無理をしないのもヨガのよいところで、自分が気持ちいいと思えるところ、自分なりの出来るところまででよいのです。 身体が固ければ固いなりのヨガでしっかり効果があります。 ヨガをやることで、結構促進の効果はもちろんのこと、呼吸が整えられるという効果もあります。 心身のリラックス効果もあり、肩こりにとてもよいといえます。

肩こり解消だけではなく、自分の体質改善にも繋がります。 心も身体も解すことによって、バランスの良い身体へと導かれます。 健康な身体が作られますと、自然治癒力も高まって行きます。 すると、肩こりなどは初期の段階で解消されやすくなります。 ヨガによって肩こりだけでなく、頭痛や腰痛といった慢性的になりやすい病気が改善されます。 その病気も肩こりと同様、もしなってしまっても初期段階で治りやすくなります。 ヨガはスペースを取らないので、自宅で行えます。 自分の好きな時間に出来る範囲で行えるのは都合がよいですね。 継続的に行う事で効果が得られますので、この機会にぜひトライしてみてください。

睡眠

ポイント

睡眠は人間の三大欲求の一つで毎日行う大切なことで、 身体を休める働きをします。 一日の疲れを取って、翌日の身体の準備をします。 しかし、肩こりが睡眠を邪魔してしまうことがあります。 痛みや違和感でなかなか寝付けず、かえって疲れてしまったという経験はありませんか。 睡眠によって、ある程度の肩こりは解消されます。 しかし、眠っても全くといっていいほど肩こりが解消されなければ問題です。

そんな場合は、枕や布団を疑ってみましょう。 身体に合っていない寝具は、身体に負担をかけてしまいます。 疲れを取り除くはずの睡眠でかえって疲れてしまうなんて、これほど悪循環なことはありません。 枕が合わないと肩が凝りやすいという話はよくありますが、実は左右されるのは寝る時の姿勢なのです。 その姿勢にとても影響するのが、布団だったりします。 布団が合っていないと、寝る時に正しい姿勢が保てなくなってしまいます。 そうなりますと、肩こりや腰痛などを引き起こしてしまいます。 もし十分な睡眠にも関わらず肩こりが改善されないのであれば、寝具の取り換えをしてみましょう。

少し硬めのものを選ぶと良い
自分に合う枕

枕は高さを合わせるのが基本です。 首のカーブも合っているものを探して下さい。 素材にも要注意でして、沈みすぎるものはよくありません。 合わない布団で長期間寝ていると、背骨や骨盤にも影響してきます。 これらも肩こりに繋がります。 この原因は布団が柔らかすぎることが多いです。 身体が沈むことによって起こりやすくなります。 だからといって、固すぎる布団ですと、逆に身体が沈まないので負担になります。 布団を選ぶコツとしましては、少し硬めのものを選ぶと良いです。

また、身体を冷やすのもよくありません。 身体を冷やすと、緊張しやすくなって血行が悪くなってしまいます。 他には、眠る姿勢に注意です。 そしてせっかく寝具を良いものに取り換えても、姿勢が悪いと元の木阿弥です。 眠ってる時なのでガチガチな姿勢は必要ありませんが、せめて身体を丸めすぎないように注意しましょう。 仰向け、横向きで眠るのは問題ありません。 ですが、うつ伏せ寝は腰が反ってしまうので負担が大きいです。 もしうつ伏せで寝てる方がいましたら、まずは仰向けか横向きで眠るようにしてみましょう。

肩こりの効率的な対処方法の基礎的知識